「SHOT!!」は国内外のあらゆるサッカー情報を扱うメディアですが、とくに大メディアが報じることの少ない以下3テーマに注力しています
1.海外組:日本代表“以外”の海外組も応援/2.ユース日本代表:U-15~U-20代表/3.高校サッカー:高校総体&高校選手権

■急上昇キーワード≫≫≫ 木下康介 篠塚一平 中川雄貴 廣岡太貴 バロテッリ 愛車 宇佐見康介 地下浩多 赤星貴文 汰木康也
■日本人「欧州組」2013-14シーズン総覧[プレミアリーグ~各国下部リーグ所属選手リスト・リンク付き]

記事一覧≫≫≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「好きなJ1クラブ調査」発表!1位は浦和レッズ、2位鹿島アントラーズも…6割超が「どれもない」。好きなスポーツ選手2位に本田圭佑が躍進

一般社団法人の中央調査社は20日、「人気スポーツ調査」の結果を発表した。本調査は同社が毎年実施しており、無作為に選んだ全国20歳以上の男女が対象。今回は21回目となる。

サッカーのみに関する調査結果としては、「好きなJ1クラブ調査」を実施。その結果、浦和レッズが5年ぶりに1位を獲得した。以下、2位に鹿島アントラーズ、3位はサンフレッチェ広島だった。昨年1位は名古屋グランパスだったが今年は6位に後退。また、昨年4位のガンバ大阪はJ2降格のため今回は除外されている。

地域別では各ホームタウンに近いクラブが人気を得ているが、多くの地域の2位に浦和が入っている。一方で東海地域のみ浦和はトップ3に入らなかった。また、九州地域では鹿島が1位となっている。

一方で、「どれもない」という回答が62.4%も占めるという結果も発表された。悪く考えれば「興味がない」という層が多いともとれるが、逆に考えれば「サッカーというスポーツ」を楽しむものの特定クラブは応援しない、というライト層が増えているということかもしれない。

また、サッカーに特定せずに「最も好きなスポーツ選手調査」も行われており、1位は米大リーグのヤンキースに所属するイチロー外野手が9年連続の1位。2位にはCSKAモスクワ所属の日本代表MF本田圭佑が躍進した(前回13位)。
そのほかトップ10入りしたサッカー選手は、5位にマンチェスター・ユナイテッドMF香川真司(昨年は4位)、10位に横浜FCの元日本代表FW三浦知良(昨年20位)だった。

「好きなJ1クラブ」順位表と、そのほか関連調査結果は以下の通り。

スポンサーサイト

あなたの街の日本代表選手を見に行こう~東アジア杯優勝Jリーガー~7~8月試合日程付き

東アジア杯は28日に最終戦の日本代表対韓国代表戦が行われた。日本は押し込まれる展開が続いたが、柿谷曜一朗の2ゴールで2-1で勝利。同大会初となる優勝を果たした。

今回の東アジア杯は、日本代表としてはめずらしく海外組ゼロ、Jリーガーのみのメンバーで臨んだ大会となり、そういった意味では「Jリーグ選抜」が勝ち取った優勝でもあった。

中田英寿や中村俊輔が海外で活躍していた時代、日本代表における海外組は数名程度だったが、いまはレギュラー11人全員を海外組で占められるほどにまでなっている(現実にはガンバ大阪所属の遠藤保仁、今野泰幸がほぼ不動のレギュラーで11人全員が海外組となる可能性はきわめて低い)。

日本サッカーのレベルアップという意味ではこれほど頼もしいことはないが、一方でJリーグの「空洞化」も懸念されている。宮市亮のようにJリーグを経由せずに欧州ビッグクラブに移籍する選手も生まれる時代だ。その傾向が今後加速する可能性もある。

しかし、日本サッカー全体としてみれば、やはり国内リーグの頂点であるJリーグ、とりわけJ1のさらなるレベルアップは不可欠であり、今以上に盛り上がることも必要だ。
そういったなかで、そういった空気を自覚しているであろう、Jリーガーたちが苦しみながら、東アジアと限定的ながらも国際舞台で結果を出したことはとても意義がある。
また、もちろん今回は代表に呼ばれなかった選手たちのなかにも、潜在的な能力の高さを持っている選手たちはさくさんいる。そういった選手をこれから見つけるのもおもしろいかもしれない。

あなたの街にも日本代表選手がいる──この夏休み、おらが街の日本代表選手を間近で見てみるのはいかがだろうか?

東アジア杯優勝を勝ち取った、日本代表選手リストは以下の通り。


Jリーグが2012年度のJ1、J2全クラブの経営情報を開示。J1赤字クラブは8→5、J2赤字は10→7に減少

Jリーグは12日、2012年度のJ1の18クラブ、J2の22クラブ=計40クラブの経営情報を開示した。

J1の1クラブ当たりの平均営業収入は31億5200万円と前年から8%プラス。赤字クラブは8クラブから5クラブに減少した。優勝したサンフレッチェ広島が2億2300万円の黒字と前年の赤字から文字通りV字回復を果たしている。

J2は2011年度より2クラブ増えているが、平均営業収入は9億3600万円と8%マイナスも、赤字クラブは10クラブから7クラブに減少している。

なお、営業利益トップは53億5300万円の浦和レッズで8年連続首位。2位は鹿島アントラーズで41億6000万円、名古屋の39億9300万円と続いている。

Jクラブ経営情報開示の概要は以下の通り。


元浦和監督フィンケ氏がカメルーン代表監督に就任。「育成力」は生きるのか

カメルーンサッカー連盟は23日、元浦和レッズ監督であったドイツ人のフォルカー・フィンケ氏がカメルーン代表監督に就任することを発表した。

なお、同国連盟は4月には代表監督を「公募」していた。フィンケ氏の就任が、その公募を経てのものか、連盟が打診したのかは発表されていないようだ。

現在W杯アフリカ予選を戦っている同国代表は、6月に行われるW2試合(9日:トーゴ戦、16日:コンゴ戦)ではフィンケ氏はコーチとして帯同し、現在監督を務めているジャン・ポール・アコノ氏が指揮を執ることになるという。


浦和レッズ、ACL初戦は広州恒大に0-3で完敗

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2013は26日、各地でグループリーグ第1節の試合が行われた。

グループFでは浦和レッズが敵地で中国リーグ2連覇中の広州恒大と対戦し、0-3で完敗。5年ぶりのACL初戦は黒星スタートとなった。

第2節は3月12日にタイのムアントン・ユナイテッドをホームに迎えて戦う。



[ 2013/02/27 01:06 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

浦和レッズ、2013シーズンの新ユニフォームを発表

浦和レッズは15日、2013シーズンの新ユニフォームを発表した。以下、左からファースト、セカンド、サードユニとなっている。NIKE社製。

【デザインコンセプト】

1stユニフォームは、フロント部分にクラブの象徴であるダイヤモンドをグラデーション製法で大胆に表現しています。ここ数年は襟付タイプを継承してきましたが、今回はクルーネックタイプを採用し新鮮なイメージとなりました。パンツのサイドには、赤のシリコンテープでチームカラーがあしらわれ、ソックスのふくらはぎ部分には、ホームタウンを表す「URAWA」の文字がジャガード仕様で組み込まれています。伝統のクラブカラーである、赤・黒・白のトリコロールのコンビネーションを重んじながら、新たな浦和レッドダイヤモンズを表現するデザインになっています。


2ndユニフォームは、クラブ設立後初のタイトルを獲得した2003年ヤマザキナビスコカップ決勝で着用していたユニフォームカラーからインスピレーションを得て、ナイキデザインイノベーションによるモダンでユニークなボーダーを融合させた、新鮮でクールなデザインになっています。シャツ・パンツ・ソックスを統一のカラーに揃えることで、スタイリッシュデザインとなっています。また、肩やパンツの生地の接合部を強化するために使用しているT-barに、アクセントカラーとしてゴールドを使っています。


3rdユニフォームには、1stユニフォームと同じグラフィックデザインを採用しながらも、敵地で相手を威嚇する、猛毒を意味するエメラルド系のATOMIC TEALというカラーをクラブ史上初めて採用しました。一見透き通るような綺麗で優雅な印象を与えますが、油断して近づいた途端一瞬にして敵の息の根を止める程の強烈な毒。アウェイのピッチでその圧倒的な存在感を際立たせます。

以下、GK用ユニフォーム。


【ポリエステル素材の裏地にオーガニックコットンを配合させた最新の2重構造素材ATOM ファブリック】
オーガニックコットンを裏地に配合する事で肌触りを向上し、通気性50%、伸縮性210%(フィット感、快適さ向上)、耐久性40%それぞれアップし快適な着心地を実現しています。さらにサイドパネルには縫い目を一切使わないレーザーカッティングを施した通気孔を配置し、プレー時に多く空気を取り入れ、体温上昇を防ぎ、さらには取り込んだ空気を背面に送り込む作用が働きます。肩やパンツには生地の接合部を強化する為にナイキ独自のT-bar を使用しています。



浦和ユニフォーム


[ 2013/01/16 12:52 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

浦和レッズが新背番号を発表。田中達也の11番は新加入MF関口訓充に

日本代表クラスを次々に補強した浦和レッズが15日、新背番号を発表した。

昨季まで元日本代表FW田中達也がつけていた11番はベガルタ仙台から加入のMF関口訓充に決定。そのほか、鹿島から加入のFW興梠慎三は30番、サンフレッチェ広島から加入したDF森脇良太は46番、柏レイソルから加入のDF那須大亮は4番となっている。なお、背番号9は空き番号となっている。



[ 2013/01/15 19:18 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

大型補強続ける浦和レッズ、柏レイソルDF那須大亮も完全移籍で獲得

浦和レッズは5日、柏レイソルDF那須大亮を完全移籍で獲得したと発表した。浦和は今オフで広島DF森脇、仙台MF関口、鹿島FW興梠と3選手を獲得してきたが那須で4人目となる。


・コメント
「今シーズンから浦和レッズでプレーすることになりました。少しでも浦和レッズの力になれるように全力で頑張りたいと思いますので、これから応援よろしくお願いします」

・プロフィール
【選手名】那須大亮(なす だいすけ)Daisuke NASU
【生年月日】1981年10月10日生まれ(31歳)
【出身地】鹿児島県南さつま市
【身長/体重】180cm/75kg
【ポジション】DF
【サッカー歴】清原小学校→枕崎中学校→鹿児島実業高校→駒澤大学→横浜F・マリノス→東京ヴェルディ→ジュビロ磐田→柏レイソル
【代表歴】
2000年 U-19日本代表 AFC U-19選手権
2001年 U-20日本代表 FIFAワールドユース選手権アルゼンチン
2004年 U-23日本代表 アテネオリンピック
【その他出場歴】
2005年 FUJI XEROX SUPER CUP出場
2005年 A3チャンピオンズカップ 3試合出場
2011年 スルガ銀行チャンピオンシップ出場
【タイトル】
2003年
Jリーグ ディビジョン1 1stステージ優勝
2ndステージ優勝
Jリーグ新人王
2004年
Jリーグ ディビジョン1 1stステージ 優勝
2004年
Jリーグサントリーチャンピオンシップ優勝
2010年
Jリーグヤマザキナビスコカップ優勝
2011年
スルガ銀行チャンピオンシップ優勝
2012年
第92回天皇杯優勝


浦和レッズ、鹿島アントラーズからFW興梠慎三を獲得。DF森脇良太、MF関口訓充に続く代表クラス3人目の大型補強

浦和レッズは4日、鹿島アントラーズからFW興梠慎三を完全移籍で獲得したと発表した。前広島DF森脇良太、前仙台MF関口訓充に続く代表クラスの補強で、今オフ3人目の即戦力獲得となった。浦和は2013シーズンにACL参加を控えており、そのために積極補強を続けている。


・コメント(浦和サポーターへ)
「今までは対戦チームの選手としてピッチの反対側に立ってプレーしていましたが、これからは浦和レッズのファン・サポーターの皆さんと一緒に同じゴールを狙います。クラブに慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、ピッチ内外で早くチームに貢献できるよう全力を尽くしますので、熱いサポートよろしくお願いします」

・コメント(鹿島サポーターへ)
「8年間、熱いご声援本当にありがとうございました。アントラーズに在籍した8年間で6個のタイトルを獲り、Jリーグ3連覇を達成できたことを光栄に思います」とコメントを発表。「柳沢選手から『13』を継承して以来、クラブの歴史と伝統に恥じないよう全力でプレーしてきました。エースナンバーに見合うほどチームに貢献できたかは分かりませんが、チームメイト、スタッフ、フロント、そして何よりもサポーターの皆さんに支えて頂き、選手として大きく成長できたと感じています。このクラブで学んだことを胸に、次の一歩を踏み出したいと思います」

アルビレックス新潟、前浦和FW田中達也ならびにDF濱田水輝の獲得を発表

アルビレックス新潟は4日、浦和レッズ退団の決まっていた元日本代表FW田中達也の完全移籍での獲得と、同じく浦和所属のDF濱田水輝を期限付き移籍で獲得したことを合わせて発表した。濱田の期限付き移籍期間は14年1月31日まで。


浦和レッズの元日本代表MF山田直輝が入籍

浦和レッズは24日、元日本代表MF山田直輝がさいたま市在住の22歳一般女性と入籍したと発表した。

・コメント
「この度、私事ではありますが、入籍いたしました。新たに家族が増えるということで身の引き締まる思いです。今まで以上に責任感を持ってがんばっていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします」


[ 2012/12/25 16:01 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

広島DF森脇に続き・・・仙台MF関口訓充が完全移籍で浦和に加入!

J1ベガルタ仙台は18日、元日本代表MF関口訓充浦和レッズへ完全移籍することが決定したと発表した。

浦和はサンフレッチェ広島のDF森脇良太に続く補強で、攻守に代表クラスを獲得している。


◆ 関口 訓充 (せきぐち くにみつ) 選手プロフィール

【ポジション】 MF      
【背番号】 11番
【生年月日】 1985年12月26日 
【身長体重】170cm  64kg  
【出身地】 東京都多摩市
【経歴】 永山FC – FC多摩ジュニアユース – 帝京高校 – ベガルタ仙台(2004年加入)
【代表歴】2010年・2011年 日本代表 3試合出場

【コメント】 
『 9年間大変お世話になりました。サポーターの皆様のご声援に心から感謝しています。
自分がここまで成長できたのはサポーターの皆様のおかげだと思っています。
9年間楽しい思い出も辛い思い出もたくさんありましたが、すべて皆様と分かち合った思い出です。
仙台で過ごした期間は自分にとってかけがえのないものだったと思います。
今まで本当にありがとうございました 』 

浦和レッズ、広島DF森脇良太を完全移籍で獲得したと公式発表

J1浦和レッズは17日、サンフレッチェ広島からDF森脇良太を完全移籍で獲得したと発表した。以下、森脇のコメントとプロフィール。

コメント
「このたび、浦和レッズの一員となりました森脇良太です。今回の移籍を決意するまで、かなり悩み考えましたが、この浦和レッズという素晴らしいクラブでプレーすることが、今の自分自身にとって一番であると確信し、決断しました。自分は特にうまい選手ではありません。ですが、誰にも負けない強い気持ちでプレーします。そして浦和レッズでプレーできることへの誇り、喜び、感謝の気持ちをもちながら全力で闘います。早く埼玉スタジアムでファン・サポーターの皆さんと一緒に闘いたいです。熱いサポートよろしくお願いします!」

●DF森脇良太
(もりわき・りょうた)
■生年月日
1986年4月6日生まれ(26歳)
■出身地
広島県福山市
■身長/体重
177cm/75kg
■サッカー歴
幕山サッカー教室→サンフレッチェびんごジュニアユースFC→広島ユース→広島→愛媛→広島
■代表歴
2004年:U-18日本代表
日本代表Aマッチ:2試合出場

浦和レッズ、槙野智章の完全移籍を発表

浦和レッズは4日、ケルン(ドイツ)から期限付き移籍中の日本代表DF槙野智章が、完全移籍で加入することが決まったと発表した。

ケルンで出番に恵まれなかった槙野は今年1月に期限付きで浦和へ加入。33試合に出場しDFながら6得点。昨季まで不振にあえいでいたチームをリーグ3位にまで押しあげる原動力となった。



[ 2012/12/04 20:01 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

浦和レッズの元日本代表FW田中達也が契約満了

浦和レッズは19日、FW田中達也と来季の契約を更新しないと発表した。

田中は2001年に帝京高から浦和に加入後、公式戦通算293試合出場78得点を記録していた。

■FW田中達也(たなか・たつや)
■生年月日 1982年11月27日生まれ(29歳)
■出身地 山口県徳山市(現 周南市)
■身長/体重 167cm/63kg
■サッカー歴 周陽小-周陽中-帝京高-浦和(2001年加入)

スポンサードリンク

海外組・選手別リンク
<SHOT!!にて記事のある選手へのリンクリストです。

■欧州組
<各国1部リーグ>
・イングランド
MF香川真司
FW宮市亮
DF吉田麻也
・ドイツ
MF長谷部誠
DF内田篤人
MF細貝萌
FW岡崎慎司
DF酒井高徳
MF乾貴士
MF清武弘嗣
MF金崎夢生
DF酒井宏樹
FW大前元紀
・イタリア
DF長友佑都
・ロシア
MF本田圭佑
・オランダ
FWハーフナー・マイク
MF高木善朗
・ベルギー
FW久保裕也
GK川島永嗣
FW永井謙佑
FW小野裕二
・ポーランド
MF松井大輔
MF赤星貴文
DF村山拓哉
・ルーマニア
MF瀬戸貴幸
・セルビア
MF小川圭佑
MF奥野将平
・リトアニア
MF金井拓也
・ラトビア
MF飯塚浩一郎
MF岡田翔太郎
MF豊嶋邑作
・モンテネグロ
FW福井理人
MF川辺隆弥
MF加藤恒平
・エストニア
MF和久井秀俊
DF前原大樹
MF甲斐拓也
FW宇佐見康介

<各国2部リーグ>
・スペイン
MF家長昭博
MF田邉草民
・ドイツ
MF田坂祐介
FW阿部拓馬
MF石原卓
・ロシア
FW斎藤陽介
・オランダ
FW大津祐樹

<各国3部リーグ>
・スペイン
FW指宿洋史
・ロシア
FW篠塚一平
・オーストリア
FW大塚尚毅

<各国4部リーグほか>
・ドイツ
FW吉原正人
GK伊藤幹人
FW中川雄貴
MF松田景吾
DF高橋拓也
FW木下康介
MF廣岡太貴
FW河内勇太
FW恵津森究
MF綿引大夢
FW田中靖大
DF岸本健
・ポルトガル
FW亀倉龍希
・ドイツ(5部)
FW上西涼

■アジア組
<各国1部リーグ>
・韓国
MF増田誓志
MFセルヒオ・エスクデロ
・中国
FW大黒将志
・香港
MF地下浩多
・ウズベキスタン
MF柴村直弥
・オーストラリア
FW永井龍

■北中米組
<各国1部リーグ>
・USA
DF木村光佑
MF小林大悟
MFディビッドソン純マーカス
・チリ
MF内田大貴
・メキシコ
MF佐藤令治

<各国2部リーグ>
・USA
MF柏瀬暁
・メキシコ
MF小野悠斗

■所属先未定・不明
DF安田理大
FWカレン・ロバート
MF秋吉泰佑
DF入江利和
FW村上範和
MF小田原和也
MF岡田昌巳
MF朝枝健
MF中居時夫
MF岩木慎也
FW濱中優俊
新着記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1244位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
214位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新トラックバック




▼サッカーサイトRSS▼
日本サッカー協会 uefa.com
ゲキサカ スポナビ
サッカーキング FOOTBALL CHANNNEL
▼「SHOT!!」内タグクラウド▼
小野伸二 海外組 オーストラリアAリーグ バルセロナ 久保建英 U-12 JFA 吉武博文 U-17W杯 メンバー発表 スーパー少女プロジェクト 女子サッカー U-18日本代表 シャルケ04 欧州CL PAOK 内田篤人 イヨハ理ヘンリー 松岡大智 U-15日本代表 ベトナム代表 レ・コン・ビン J2 コンサドーレ札幌 Jリーグ デビュー 細貝萌 ブンデスリーガ 酒井高徳 清武弘嗣 乾貴士 岡崎慎司 酒井宏樹 名古屋グランパス 浦和レッズ サンフレッチェ広島 本田圭佑 香川真司 三浦知良 J1 調査 鹿島アントラーズ U-17日本代表 坂井大将 水谷拓磨 ヴァーツラフ・イェジェク国際ユース シッラマエ・カレフ 宇佐見康介 エストニアリーグ リヨン PSV ソシエダ ミラン ゼニト セルティック 伊藤幹人 アレマニア・アーヘン 吉原正人海外組 レギオナルリーガ 高橋拓也 コブレンツ 中川雄貴 ヴィクトリア・アシャッフェンブルク MLS ディビッドソン純マーカス 小林大悟 コロラド・ラピッズ バンクーバー・ホワイトキャップス セルビアリーグ 小川圭佑 スロボダ・ウジチェ 奥野将平 斎藤陽介 ウファ ロシア2部リーグ ラトビアリーグ ユールマラ 豊嶋邑作 蔚山現代 Kリーグ 増田誓志 恵津森究 河内勇太 ヴィルヘルムスハーフェン レーデン 廣岡太貴 メッペン 綿引大夢 岡田武史 CSL 杭州緑城 大黒将志 イタリア杯 長友佑都 インテル エールディビジ 高木善朗 ユトレヒト トウェンテ スタンダール・リエージュ ベルギーリーグ ルーベン 小野裕二 川島永嗣 ヘルタ・ベルリン 金崎夢生 ニュルンベルク ロシアリーグ CSKAモスクワ クバン U-19日本代表 霜田正浩 アルクディア国際 長谷川竜也 野澤英之 中島大貴 山田元気 室屋成 秋野央樹 吉野恭平 中島翔哉 望月嶺臣 三浦弦太 川辺駿 静岡ユース 東洋大 鈴木政一 サバデル 田邉草民 スペイン2部リーグ 家長昭博 マジョルカ エルクレス 杉田祐希也 新加入 吉田麻也 プレミアリーグ サウサンプトン WBA アストン・ヴィラ アーセナル 宮市亮 マンチェスター・ユナイテッド スウォンジ・シティ 記録 佐藤寿人 ウズベキスタンリーグ 柴村直弥 ブハラ パンドゥリ・タルグ・ユ 瀬戸貴幸 アストラ・ジュルジュ ルーマニアリーグ 大津祐樹 オランダ2部リーグ スパルタ・ロッテルダム VVV 小野悠斗 メキシコ2部リーグ アトレティコ・サンルイス ドイツ2部リーグ 石原卓 アウエ カイザースラウテルン ノーメ・カリュ 和久井秀俊 前原大樹 チリリーグ 内田大貴 ウアチパト ハーフナー・マイク フィテッセ ローダJC 久保裕也 ヤングボーイズ スイス杯 ニコライ・ミュラー マインツ05 フライブルク ルイス・グスタヴォ 長谷部誠 ヴォルフスブルク フランクフルト バイエルン シュツットガルト レヴァークーゼン ボルシアMG ハノーファー96 松本昌也 越智大和 SBS杯 ボーフム 田坂祐介 ザンクトパウリ 移籍 アトレティコ・マドリー リーガエスパニョーラ ダビド・ビジャ ブラジル代表 金子翔太 高木和徹 木下康介 金森健志 小暮大器 ナショナルトレセン 米子北 鹿児島城西 市立船橋 出雲杯 アビスパ福岡U-18 イタリア代表 アルゼンチン代表 ドイツ代表 スペイン代表 国際親善試合 日本代表 スイス代表 金井拓也 ジャルギリス リトアニアリーグ バンベルク エルターズドルフ 岸本健 オーストリア3部リーグ 大塚尚毅 慶応大 ヴァッカー・インスブルック ヨス・ルフカイ 柿谷曜一朗 背番号 伊野波雅彦 豊田陽平 牲川歩見 喜田拓也 植田直通 ジェフユナイテッド千葉 カターニア 森本貴幸 トーマス・トゥヘル ベストイレブン フォルトゥナ・デュッセルドルフ 清水エスパルス 大前元紀 セルヒオ・エスクデロ FCソウル ピエール・エメリク・オーバメヤン ドルトムント 阿部拓馬 ドイツ杯 永井謙佑 福井理人 ホーム・ユナイテッド モンテネグロリーグ スティエスカ・ニクシッチ ムラドスト・ポドゴリツァ 川辺隆弥 ドイツ5部リーグ 上西涼 ヘンク U-16日本代表 豊田国際 杉森考起 吉武博史 サイ・ゴダード RKC フローニンヘン アダム・シャライ ハンブルガーSV ユリアン・ドラクスラー クラース・ヤン・フンテラール ルダル・プリェヴリャ 加藤恒平 町田ゼルビア 飯塚浩一郎 ダウガワ・ダウガフピルス ロートヴァイス・オーバーハウゼン 赤星貴文 ポゴン・シチェシン ポーランドリーグ 村山拓哉 NASL ニューヨーク・コスモス 柏瀬暁 サンノゼ・アースクエイクス レヒア・グダニスク 松井大輔 アーレン オリンピア アウクスブルク ヌリ・サヒン 監督 ズデンコ・ベルデニック 解任 大宮アルディージャ スイスリーグ アーラウ ホッフェンハイム スパルタク・モスクワ 篠塚一平 ロシア3部リーグ ヴィレムⅡ 三好康児 FSVフランクフルト 1860ミュンヘン EL フェネルバフチェ メタリスト 藤川虎太朗 レフ・ポズナニ トレンチン ボテフ・プロブジフ ペトロルル サンシ 高橋秀人 工藤壮人 青山敏弘 今野泰幸 山口螢 遠藤保仁 ステアウア・ブカレスト ディナモ・ザグレブ ヴィクトリア・プルゼニ フェルナンド・トーレス ユニフォーム セルヒオ・アグエロ ロビン・ファン・ペルシー ウェイン・ルーニー ポルトガル代表 クリスティアーノ・ロナウド ペペ 海外メンバー発表 ディエゴ・フォルラン ウルグアイ代表 エディンソン・カバーニ ルイス・スアレス バーゼル フランク・リベリ アリエン・ロッベン 最優秀選手 リオネル・メッシ トーマス・ミュラー ロベルト・レヴァンドフスキ UEFA 表彰 クラブユース選手権U-18 北川航也 サンフレッチェ広島ユース クラブユース 野口翼 横浜F・マリノスユース 汰木康也 石田雅俊 森永卓 オナイウ阿道 磐瀬剛 高校サッカー 宮市剛 優秀選手 石田和希 杉本太郎 高校総体 流通経済大柏 バイエルン・ミュンヘン 町田浩樹 名古屋グランパスU18 横浜F・マリノス ドゥトラ イベント 真岡 正智深谷 梶山陽平 FC東京 大分トリニータ ネッティンゲン イラーティッセン サンドハウゼン 試合結果 プフレンドルフ BFCディナモ ヴィクトリア・ハンブルク ウィーデンブリュック ノイミュンスター リールセ ゴー・アヘッド・イーグルス ヘラクレス チューリッヒ バーリンゲン ローゼンハイム カールスルーエ フォルトゥナ・ケルン ザビサ・ビドゴスツ ザ海外組 エルツゲビルゲ・アウエ スコダ・サンシ ペトロルル・プロイェシティ トレンテン 名古屋グランパスU12 全少 鹿島アントラーズジュニア youtube 動画 ネイマール セレッソ大阪 トゥーン 松田景吾 ネッカーエルツ 年間最優秀選手 ユップ・ハインケス バスティアン・シュバインシュタイガー ロコモティフ・モスクワ レギア・ワルシャワ 甲斐拓也 麻田将吾 井上聖也 吉原正人 小田原和也 村上範和 岡田翔太郎 スコント レイキャビク デフェルダンジュ セニツァ オモニア・ニコシア U-17マレーシア代表 下口稚葉 小柏剛 西晃佑 伊藤涼太郎 Jリーグ 日伯友好杯 U-15Jリーグ選抜 U-16Jリーグ選抜 アビスパ福岡 オリヴァー・ゾルク HJKヘルシンキ エルフスボリ ナイジェリアリーグ 処分 八百長 クリリヤ・ソヴェトフ ドゥンビア・セイドゥ 指宿洋史 バレンシア・メスタージャ セビージャ・アトレティコ アウダ なでしこジャパン 東アジア杯 中国女子代表 メキシコリーグ ケレタロ モナルカス・モレリア 佐藤令治 ブルザスポル ザグウェンビェ・ルビン ザントハウゼン スロバン・リベレツ ピュニク ジャルギリス・ヴィリニュス ディフェルダンジュ オモニア アストラ・ジュルジ イビチャ・オシム アマル・オシム ジェリェズニチャル ウラル HJK バレンシア ユーペン セビージャ J3 ユニバーシアード 大学サッカー 長澤和輝 ユニバーシアード日本代表 吉村雅文 パリ・サンジェルマン ナポリ NEC 湘南ベルマーレ 中京大中京 小野裕ニ U-19日本女子代表 2012-13総括 ケルン 高木ひかり 堀野博幸 杉田亜未 ユニバーシアード日本女子代表 中村楓 高橋千帆 岩木慎也 岡田昌巳 中居時夫 スティーブン・ジェラード リヴァプール ラダメル・ファルカオ モナコ ハメス・ロドリゲス ジョゼップ・グアルディオラ チアゴ・アルカンタラ ラフィーニャ 国際ユースサッカーin新潟 小川紘生 石田崚真 齋藤学 山田大記 エベネゼル・アシファー ヤヤ・サノゴ U-20W杯 U-20フランス代表 ギジェルモ・デ・アモレス ポール・ポグバ クルト・ズマ ニコラス・ロペス シオン 瀬口七海 高橋美春 左山桃子櫻本尚子 野口航 鈴木徳真 ロシア・スーパー杯 宇佐美康介 チャイナート 能登正人 ブリーラム・ユナイテッド タイリーグ 内田裕斗 関根貴大 2012-13まとめ ウィガン データ 北川柊斗 東京ヴェルディ 杉本竜士 南秀仁 渡辺良太郎 韓国代表 チェルシー マーク・シュウォーツァー フルハム 神奈川大 ズラタン・イブラヒモヴィッチ ガレス・ベイル ポツダム 大儀見優季 シャフタール ヘンリク・ムヒタリアン エリック・アビダル 平野甲斐 UAEリーグ アル・ナスル セリエA adidas マリオ・ゴメス NIKE ヤン・キルヒホフ マリオ・ゲッツェ アレックス・ファーガソン デイビッド・モイーズ ボージャン・クルキッチ アヤックス パウリーニョ トッテナム コリンチャンス 三渡州舞人 三渡州アデミール サンテティエンヌ マッシモ・アンブロジーニ フィオレンティーナ ユヴェントス ニコラ・アネルカ 上海申花 大野忍 エルフェン狭山 セオ・ウォルコット アントニオ・カッサーノ パルマ ライアン・ギグス マルコ・マリン スラビア・ソフィア マーク・オリバー・ケンプフ マックス・マイヤー マーク・ステンデラ ニクラス・ズューレ ピエール・ホイベアク ユニバーシアード女子代表 U-16日本女子代表 三浦成美 髙倉麻子 平田舞 市瀬菜々 FIFA 競技規則 ルール 全日本少年サッカー大会 全小 コンフェデレーションズ杯 欧州組 高倉麻子 セレッソ大阪U-15 石野妃芽佳 杉田妃和 小林里歌子 得点王 ジュリオ・セーザル フレッジ MVP アンドレス・イニエスタ セルヒオ・ラモス マリオ・バロテッリ ウズベクリーグ 猶本光 田中美南 白木星 吉田弘 U-13日本女子選抜 JFAエリートプログラム EURO2016 ロゴ ベシクタシュ マインツ パオロ・マルディーニ チアゴ・シウヴァ カルロ・アンチェロッティ レアル・マドリー ギリシャリーグ パナシナイコス アルベルト・ザッケローニ パレルモ ACミラン ジェンナーロ・ガットゥーゾ ブルガリアリーグ 秋吉泰佑 エタル 金城クリストファー達樹 ホン・ミョンボ チェ・ガンヒ インスピレーション フレコ 2014年W杯 ブラズーカ ダビド・デ・ヘア マルコ・ヴェッラッティ アルヴァロ・モラタ U-21スペイン代表 U-21イタリア代表 U-21欧州選手権 ロレンツォ・インシーニェ 京都サンガF.C. 立命館大 阿部勇樹 ロチャ 宇佐美貴史 レアンドロ ガンバ大阪 BSCヤングボーイズ ウィルフリード・ボニー 安田理大 メキシコ代表 スタッツ ナイジェリア代表 写真レポート MOM アンドレア・ピルロ 流通経済大 リッカルド・サポナーラ アレッサンドロ・ディアマンティ ケヴィン・プリンス・ボアテング 田中明日菜 INAC神戸 ブラジルリーグ ボタフォゴ オズワルド・オリヴェイラ ドイツ3部リーグ W杯アジア予選 イラク代表 田中マルクス闘莉王 中村憲剛 濱中優俊 朝枝健 U-14日本女子選抜 田中靖大 順天堂大 富山一 富山中部 東山 洛北 奈良育英 一条 広島皆実 瀬戸内 西京 聖光 引退 フィリップ・ラーム ディディエ・ドログバ アンドリー・シェフチェンコ ミハエル・バラック マイケル・エッシェン ミロスラフ・クローゼ 順位表 W杯欧州予選 ロシア代表 チェコ代表 セルビア代表 ベルギー代表 ジェラール・デウロフェウ フッキ デイビッド・ベッカム ゲキサカ スポーツニッポン 稲本潤一 中田英寿 アーセン・ヴェンゲル 奥大介 元日本代表 事件 カスピアンカップ サッカー オーストラリア代表 篠藤巧 審判 オズマール ジョゼ・モウリーニョ 藤枝東 静岡学園 松商学園 創造学園 阪南大高 近大附 九州国際大付 東福岡 誕生 西本卓申 佐々木匠 U-19ブンデスリーガ 尚志 富岡 名古屋 大社 立正大淞南 ロアッソ熊本 U19ブンデスリーガ スロベニア代表 トルコ代表 サンマリノ代表 アメリカ代表 大学選抜 視聴率 海老原英 鹿児島実 岐阜工 帝京大可児 三重 四日市中央工 高知商 那覇西 栗原勇蔵 契約満了 ブルガリア代表 リーグ1 ロビー・キーン アシュリー・コール アイルランド代表 イングランド代表 ルーカス・ポドルスキ エクアドル代表 ラース・ベンダー ポーランド代表 フェリペ・サンタナ ソクラティス・パパスタソプロス ブレーメン ガーナ代表 サントス マンチェスター・シティ コロ・トゥーレ リカルド・カルバーリョ デポルティボ フアン・カルロス・ヴァレロン 扇谷健司 ヴァンフォーレ甲府 判定 松橋優 ロベルト・バッジオ カメルーン代表 フォルカー・フィンケ 柏レイソル 六平光成 藤田息吹 ヤマザキナビスコ杯 東慶悟 カナダ代表 サニックス杯 U-17ベトナム代表 東海大五 カレン・ロバート ADOデンハーグ ヴェラクルス 中島ファラン一生 アルビレックス新潟 スコントリガ ベルギー2部リーグ オランダ代表 アル・アハリ ACL 故障 出場メンバー ノリッジ・シティ 蔚山 ニューカッスル・ジェッツ パース・グローリー 永井龍 グロイター・フュルト FA杯 エヴァートン ドイツ女子代表 アルガルベ杯 W杯南米予選 ラツィオ ノルウェー女子代表 全日本大学選抜 ナニ ルカ・モドリッチ クレオ 最優秀ゴール ノミネートゴール 齋籐学 高木俊幸 注目若手 高木大輔 注目10代 木村光佑 ポートランド・ティンバース ニューヨーク・レッドブルズ トロント ETSVヴァイヒェ アントワープ ハットトリック QPR ウェスタン・シドニー・ワンラーズ セントラルコースト・マリナーズ 石毛秀樹 DFBポカール ゲオルギ・ミラノフ イリヤ・ミラノフ 貴州人和 ブニョドコル コパ・デル・レイ ベガルタ仙台 広州恒大 Jリーグ準加盟 ツエーゲン金沢 ブラウブリッツ秋田 三浦泰年 ペ・デウォン 羽生英之 社長 ダービー マルセイユ ゲンク ニューカッスル セントニクラス ローダ ゴンサロ・イグアイン ラウル・ゴンサレス ラファエウ・ダ・シウヴァ マンチェスター クラシコ クレタ レディング ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ ディーター・ヘッキング ニース グレゴワール・ピュエル クロード・ピュエル エルネスト・バルベルデ ゼロックス杯 Jリーグ選抜 高校選抜 デュイスブルク アンジ・マハチカラ ベンフィカ CFRクルージュ ガラタサライ イェンス・ケラー ファティ・テリム マッシミリアーノ・アッレグリ デンソー杯 ミルコ・スロムカ クリスティアン・シュルツ DFB 小林慶行 ヴェスレイ・スナイデル ポルト マラガ ラ・マンガ杯 ミヒャエル・ヴィージンガー ティモシー・チャンドラー KFA 英チャンピオンシップ ポール・インス トム・インス CFA バニーク・オストラバ ミラン・バロシュ ノアシェラン ヴァレレンガ アリス・テッサロニキ アル・シャバブ アルタミラ テュビーズ フローニンゲン セルクル 内田篤人海外組 U-18Jリーグ選抜 メルボルン・ビクトリー 宮原和也 セントラル・コースト・マリナーズ リールストロム オーレスン トルコリーグ メキシコ杯 フランク・ランパード ディエゴ・ミリート 日本高校選抜 上原力也 ファジアーノ岡山 宮崎産業経営大学 樋口雄太 品川侑輝 松原后 石崎信弘 山口真司 瓜生昴勢 市丸瑞希 サミュエル・エトー 熊谷紗希 寄付 ユルゲン・クロップ ミルチェア・ルチェスク 李忠成 交際 ナシオナル エストゥディアンテス インデペンディエンテ リベルタドーレス杯 サンパウロ ペニャロール ボカ・ジュニアーズ パク・ジョンウ ロンドン五輪 アレッサンドロ・デル・ピエロ ジャンルイジ・ブッフォン スウェーデン代表 フランス代表 宇佐見貴史 ジョナサン・ピトロイパ ウィルフリード・サヌ アフリカネーションズ杯 ブルキナファソ代表 ミケル・アルテタ ロイヤル・ブッス・ドゥール キエーヴォ クサンシ モンス FCトゥーン 古田寛幸 ヘーレンフェーン ヴォルカ鹿児島 ロコモティフ・タシケント セサル・アスピリクエタ アダム・レ・フォンデュ スポルチ・レシフェ ジオゴ ヴェンツピルス ブラウンシュバイク フィレンツェ・プスカシュ プスカシュ・アカデミア ハンガリー2部リーグ 中村祐輝 レノファ山口 欧州得点王 ・ランキング ジャクソン・マルティネス ゴールデンシュー チェコリーグ ペトル・チェフ プルゼニ ジェイミー・キャラガー なでしこチャレンジ ロナウジーニョ ダリヨ・スルナ カルレス・プジョル ペドロ・ロドリゲス AFC 小幡真一郎 パレスチナ代表 インド代表 和泉新 マリ代表 クロアチア代表 サンダーランド ルイ・サハ ラトビア代表 ファイナンシャル・フェアプレー クラブ・ライセンス評価レポート コートジボワール代表 アデレード・ユナイテッド アル・アイン ウディネーゼ シエナ アンデルレヒト VVVフェンロ マリオ・スアレス シャビ・アロンソ グラナダ 吉田麻耶 アステラス・トリポリス ローマン ズデネク・ゼーマン アウレリオ・アンドレアッツォーリ マジーニョ パルメイラス ヴィッセル神戸 マルコ・クルツ ティム・ヴィーゼ ゴメス アントニス・ペトロプロス AELアテネ ウルビー・エマヌエルソン ディエゴ・ブオナノッテ ドニ マテオ・コバチッチ フアン・パブロ・カリッソ アタランタ エセキエル・スケロット ズドラフコ・クズマノビッチ マルコ・リヴァヤ モハメド・シッソコ フェルナンド・ガゴ ベレス・サルスフィエルド レト・ツィークラー エムレ・ヴェロゾール ナチョ・モンレアル ハイデュク・スプリト ヨシプ・ラドシェヴィッチ ロランド イサーク・クエンカ LAギャラクシー 給料 新体制 扇原貴宏 柴崎岳 鈴木大輔 駒野友一 岩政大樹 レロイ・フェル トゥエンテ 入籍 タレント 横野純貴 愛車 ヌリ・シャヒン 高畠勉 内山篤 遠藤航 永里亜紗乃 日テレ・ベレーザ フェルナンド・ムスレラ スルジャン・ラキッチ ミシェル・バストス 地域リーグ 中山元気 ガビ・ムディンガイ フィリッポ・インザーギ 最優秀若手選手 イングランド女子代表 ニュージーランド女子代表 ルイス・ホルトビー マウオ・ボセッリ アスレタ 水戸ホーリーホック GAVIC モンテディオ山形 PUMA Kappa toto エデン・アザール キャピタル・ワン杯 オサスナ スーペルリーガ オールダム・アスレティック リーズ・ユナイテッド ジャイアントキリング トリノ アトロミトス カタールリーグ アル・ガラファ アル・サッド アル・ワスル ジェノア フランチェスコ・アチェルビ ルートン・タウン MKドンズ スローガン フィリペ・コウチーニョ エマヌエル・フリンポン クリスティアン・ザッカルド ロドニー・ストラッサー Fジャメル・メスバフ イケル・カシージャス ディエゴ・ロペス スポルティング・リスボン エミリアーノ・インスア トゥールーズ ムサ・シソコ 羽田憲司 AZ コルトライク ウィルフレッド・ザハ クリスタルパレス 退団 ルチアーノ・ザウリ ゲンチレルビルリジ ビョルン・フレミンクス アンタルヤシュポル 松本山雅 大橋正博 フランサ アフリイェ・アックア マウロ・フォルミカ ブラックバーン マサディオ・アイダラ ナンシー フェデリコ・マケダ パク・チソン 全南ドラゴンズ ユン・ソクヨン ヨアン・グフラン ボルドー ヤン・エムヴィラ ルビン・カザン レンヌ ディエゴ・ルガーノ ローマ ヴァシリス・トロシディス オリンピアコス フェルナンド・ジョレンテ アスレチック・ビルバオ ジェフェルソン・ファルファン パトリス・エヴラ レイトン・ベインズ フアン・マタ デロイト・フットボール・マネー・リーグ 白書 給与 イビツァ・オリッチ スポーツ・ビルト ジエゴ コンゴ民主共和国代表 ディウドネ・ムボカニ JFAアカデミー福島 南華 地下浩多 香港リーグ 柏レイソルは23日、横浜F・マリノス 谷口博之 太田徹 狩野健太 ヴィクトル・フィッシャー ミカエル・ラウドルップ デンマーク代表 女子プレミアリーグ 小泉朝香 ブラッドフォード・シティ ジブリル・シセ モンペリエ マプ・ヤンガ・エムビワ セバスティアン・ポコニョーリ ロビーニョ シャビ・エルナンデス マルコ・ベナッシ 試合日程 チャン・ヒョンス ファン・ソッコ 徳島ヴォルティス U-20ブラジル代表 U-20アルゼンチン代表 U-20南米選手権 土肥洋一 横浜FCユース キャッチフレーズ 川崎フロンターレ ヘント NACブレダ レアル・ソシエダ 高校選手権 小屋松知哉 京都橘 仙頭啓矢 ジュビロ磐田 愛媛FC 鵬翔 栃木SC ノルベルト・マイアー 外国人選手 あの人は今 ロイク・レミー アルナスル ランキング クリスティアン・トレーシュ ウナイ・エメリ スコットランド代表 ゴードン・ストラカン U-20日本代表 サッカーネタ 岩本輝雄 SVOLME ペナルティ FC岐阜 gol ザスパクサツ群馬 ザスパ草津 フィンタジャパン ガイナーレ鳥取 トニ・クロース エマヌエル・オリサデベ コスタス・ミトログル ケヴィン・ミララス カターレ富山 トライアル サガン鳥栖 U-18ロシア代表 ヤニナ コリチーバ ナコンラチャシマーFC 小井手翔太 慶南FC ロニ 横浜FC 高原直泰 桐光学園 星稜 フラメンゴ ヴァグネル・ラブ ギラヴァンツ北九州 岩下敬輔 福岡大 加部未蘭 江原FC オ・ジェソク エジバウド ロケレン 退任 金森喜久男 羽生直剛 藤田祥史 三都主アレサンドロ 山之内優貴 鹿児島商業 大島秀夫 幸野志有人 V・ファーレン長崎 椋原健太 帝京 金根煥 黒津勝 水原サムスン 鄭大世 IFFHS ディエゴ・シメオネ チテ ロベルト・ディ・マッテオ サンドロ・ロセル カール・ハインツ・ルンメニゲ ゲルト・ミュラー 入れ替え リーグランキング アルアハリ リカルド・クアレスマ アストンビラ リーグ杯 豪州Aリーグ ブリスベン・ロアー 高橋祐治 佐々木勇人 山村和也 野沢拓也 大久保嘉人 杉山雄太 森谷賢太郎 水沼宏太 松原健 ベストゴール メスト・エジル デンバ・バ バロンドール 佐々木則夫 ピア・スンドハーゲ 女子最優秀選手 マルタ アレックス・モーガン アビー・ワンバック ビセンテ・デル・ボスケ ジョゼ・モプリーニョ 最優秀監督 ミロスラフ・ストフ プスカス賞 杉浦恭平 有田光希 宮本卓也 船山祐二 高木和道 小松塁 中澤聡太 山本真希 二川孝広 楠神順平 米倉恒貴 神戸U-18 昇格 和田倫季 前田凌佑 松村亮 矢野貴章 トニーニョ・セレーゾ FIFPro 林陵平 比嘉厚平 成岡翔 水野晃樹 工藤光輝 白井豪 富山貴光 松澤香輝 岸田和人 清武功暉 大学選手権 山地翔 早稲田大 牟田雄祐 フランス杯 實藤友紀 国際サッカー歴史統計連盟 那須大亮 エステバン ジュゼッペ・ロッシ ビジャレアル ウェストハム マルアン・シャマフ スポルティング・カンザス・シティ ロヘル・エスピノサ ジョー・コール リオ・アヴェ ベベ リール マテュー・ドビュシ トンマーゾ・ロッキ 中村充孝 興梠慎三 ダヴィ 新井場徹 濱田水輝 田中達也 フェデリコ・ペルーゾ ユベントス 森島康仁 アレシャンドレ・パト カンテラ ルーカス・モウラ マリオ・マンジュキッチ ヨハン・ジュルー キッカー誌 アンジェロ・エンリケス チ・ドンウォン ジョシュア・キング ダニエル・スタリッジ 青森山田 長谷川健太 松波正信 山本海人 高橋祥平 岡本英也 野洲 大津 旭川実 実践学園 ジェラール・ピケ ミヒャエル・ビージンガー ディーター・ヘッキンク ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ 年間最優秀新人賞 リテックス・ロベチ フリスト・ストイチコフ 全日本高等学校女子サッカー選手権大会 テレビ 転向 朴康造 鈴木淳 池田昇平 柴崎晃誠 山瀬功治 土屋征夫 石川直樹 和田拓也 島川俊郎 岡本知剛 ドラマ 佐伯直哉 永田亮太 ヘベルチ 石神直哉 山田直輝 アトレチコ・ゴイアニエンセ パトリック 櫛引政敏 押谷祐樹 水谷雄一 内田健太 高木琢也 ヤヤ・トゥーレ モハメド・アブトレイカ アレクサンドル・ソング 巻佑樹 サミル・ナスリ ガーディアン エルナネス フットサル ファルカン U-13 梅崎司 結婚 吉田靖 ルシオ コッパ・イタリア ロドリゴ・パラシオ 昇格プレーオフ 入れ替え戦 ウェズリー・スナイデル ハビエル・サネッティ 安田晃大 マルアン・フェライニ チャリティマッチ ジネディーヌ・ジダン ロナウド ジーコ アルカディウシュ・ミリク ディエゴ・レジェス ジュニーニョ・ペルナンブカーノ 関口訓充 ノルブリッツ北海道 JFL 地域決勝 栃木ウーヴァ 小林祐希 リオ・ファーディナンド ガンバ大阪ユース 高円宮杯 森脇良太 野津田岳人 東京ヴェルディユース 京川舞 皇后杯 なでしこリーグ クラブW杯